Mixers Loudspeakers Studio Monitors Digital Recording Amplifiers & Processors accessories swag
Active Monitors  |  Monitor Control
MR Series


EM Magazine Editor's Choice

     

パワーとパフォーマンスを、驚きの価格で。

プロ用のスタジオモニターへの切り替えを検討するときには、考慮しなければならない点が沢山あります。例えば、ラジカセ、ホーム/カーステレオ、ヘッドフォンやポータブル・ミュージックプレーヤーなど様々な種類のスピーカーで良く聴こえるミックスを作成するのはあなた次第です。そのためには、中立的な開始点を提供し、周波数帯域全体にわたってクリアなサウンドを提供するモニターが必要です。また、軸内外のポジションやボリューム量に関わらず正確なサウンドを聴くことができるように、一貫したパフォーマンスを提供するモニターが必要です。そして、手に入れやすい価格であることも一つの要素かもしれません。

MackieのMR8とMR5スタジオモニターは、真のプロクオリティーを実現し、厳密なモニタリングに必要なすべての要素を、驚異的な価格で提供します。ワイドで均一なディスパーションは、広いスイートスポットを提供し、スピーカーの軸上から外れた場合に起こりうる、周波数レスポンス上のディップやピークを最小限に抑えます。低域の拡がりにも優れ、- タイトで歪みのないサウンドで - 正確な量で豊かな低域を再生します。MRシリーズモニターは、ユーザーの設置環境で可能な限り最高のサウンドを実現するために、アコースティック・コントロールを装備しているので、部屋の性質に合わせてスピーカーを微調整することができます。アクティブ・バイ・アンプ設計、ワイドなディスパーション、非常にフラットな周波数レスポンス、そして非常に優れたベースサウンドにより、完璧な透明度を持つ優れたイメージングを実現し、インスピレーションを本当に与えてくれる、耳の疲れにくいモニタリング環境を提供します。

MackieのMRシリーズモニターの透明度の高いサウンドクオリティーは、以下の要素によって実現しています。:

Baffle回折を最小限に抑えたモールド・バッフル: バッフルを設計する際には、その形がとても重要になります。バッフルの形状が音の波形の伝達を左右するからです。Mackieのバッフルは、回折を最小限に抑えるように正確に成型されているので、音の波形はスムーズに広がり、最適なディスパーションを実現します。Mackieの精度の高いウェーブガイドは、ワイドで均等なディスパージョン、そして高域と低域の間のスムーズな繋がりを実現するように設計されています。その結果、非常にワイドで均等なスイートスポットを持つ、とてもクリアなミックスのイメージを実現します。ミックスするポジションや軸内外に関わらず、常に正確なミックスの再現を聴くことができるのです。

Amplifierアンプリファイヤーの設計: アンプリファイヤーは、モニターサウンドの原動力ですが、サウンドを脚色してしまう原因にもなり得ます。パッシブモニターとは異なり、Mackieのアンプリファイヤーはモニターの設計に完全にマッチしています。過去の実績に裏付けられたクラスA/B設計のMRモニターのアンプリファイヤーは、非常にフラットな周波数レスポンスを提供するように念入りに調整されているため、非常に中立的なサウンドを維持します。部屋の特性に合わせた補正が必要な場合には、アコースティック・コントロールを使って高周波数と低周波数の設定を調節することができます(+/-2dB)。バランス入力は、シグナルをベストな状態で受けることができますが、オプションのアンバランス入力を使うと、より簡単に音源に接続することができます。MRモニターは、正常な人間の必要なレベルを超えたレベルのサウンドまで、最もシビアな音源でも十分に扱えるパワーを提供します。

キャビネット: スピーカーのキャビネットは、単なるエンクロージャーではありません。キャビネットもサウンドの全体のクオリティと性質に影響を与えるコンポーネントのひとつです。Mackieのキャビネットは、ベント・ノイズを最低限に抑えながら、優れた低域を実現するように注意深く設計された背面ポートを装備しています。空気は正確に設計されたポートを無理なく通過できるので、ドライバーの動作に影響を与える可能性のあるキャビネット内の歪みや圧力が蓄積することはありません。キャビネットは、正確に骨組みされた頑丈なMDF構造で、振動からスピーカーを守り、サウンドを不要な共鳴から常に保護します。

Wooferトランスデューサー: トランスデューサーは、電気信号をサウンドに変換する役割を担っています。従って、クリアなサウンドを実現するには、一貫性があり安定したパフォーマンスが求められます。Mackieは、特に歪みの非常に低いスチール・フレームのウーファーと、ウェーブガイドを備えたシルクドームのツイーターを、各MRモニターのコンポーネントと完全に調和して動作するように設計しました。その結果、申し分ない安定性を実現する正確に調節されたモニターが完成しました。

アプリケーション
MRシリーズモニターは、様々な用途に適しています。スタジオでMRシリーズを使ってミックスにパワーを注いだり、マルチメディア、ゲーム、ホームシアターのシステムにプロのサウンドを追加するために使用したりすることもできます。自宅でのDJセッションに使うことも可能です。MR5、MR8モニターは、同じデザインを共有しているので、同時に使用することが可能で、サラウンド環境や - Big Knob —を追加して - 複数のモニターを使用したセットアップにも最適です。クラシックなデザインでクオリティーの高いサウンドを必要とする場所に、MRモニターは完璧にフィットします。

Mackieの高い評価がすべてを語る
自分達の作品を自画自賛するわけではありませんが、多くのプロフェッショナルがMackie製品を愛用するには理由があります。モニター、ラウドスピーカー、ミキサーなど、Mackieが市場に投入するすべての製品は、パフォーマンス、安定性、コストパフォーマンスでも高く評価されています。Mackieのイノベーションと優れたサウンドへのコミットメントが、多くのMackie製品がトップセラーである理由、そしてMackie製品のファンが多数存在している理由です。

重要なことは、Mackieは優れた製品を作り続けており、それに対して誇りを持っているということです。そして、私達は、このMRシリーズを本当に誇りに思っています。確かに、他にも手ごろな価格のいわゆる「スタジオモニター」が多数ありますが、MRシリーズとは比較になりません。また、そういったモニターは、Mackieのように長年の経験に裏づけされてもいません。Mackieの勤勉で知識の豊富な音響の職人達のおかげで、Mackieはもう一度、新しいスタンダードを確立しました。つまり、MackieのMR5、MR8モニターは、同クラスのモニターでは最も優れたサウンドとパフォーマンスを実現します。ぜひMackieディーラーを訪れて、実際にご自分の耳で違いを確かめてください。

 

 

 


真のActive Designを搭載したスタジオモニター
アクティブ保護回路を搭載した高精度のクラスA/Bアンプリファイヤー:低域100W、高域50W
空間に合わせた補正を行うHF, LFアコースティック・コントロール
バランスXLR、TRS、アンバランスRCA入力
超低ディストーション8インチのスチール・フレームLFトランスデューサー
1インチの高解像度HFトランスデューサーを装備したウェーブガイド
スムーズでワイドなスイートゾーンを実現する回折を最小限に抑えたモールド・バッフル
コンピュータやビデオモニターのそばにも安心して配置できる磁気シールド
MR5とも同時にバランス良く動作する設計

真のActive Designを搭載したスタジオモニター
アクティブ保護回路を搭載した高精度のクラスA/Bアンプリファイヤー:低域55W、高域30W
空間に合わせた補正を行うHF, LFアコースティック・コントロール
バランスXLR、TRS、アンバランスRCA入力
超低ディストーション5.25インチのスチール・フレームLFトランスデューサー
1インチの高解像度HFトランスデューサーを装備したウェーブガイド
スムーズでワイドなスイートゾーンを実現する回折を最小限に抑えたモールド・バッフル
コンピュータやビデオモニターのそばにも安心して配置できる磁気シールド
MR8とも同時にバランス良く動作する設計



 

Press | Register a product | Dealer Locator | Forums | Jobs | Corporate Info | Legal  | Comment?

Alvarez | Ampeg | EAW | Mackie
Copyright © LOUD Technologies Inc. All Rights Reserved.